ノルマで人間関係が悪くなる?!『わたしの客だ』問題

スポンサーリンク
接客業の叫び

ノルマと聞いて拒否反応を起こす人とやる気を出すタイプの人とスルーする人がいます。

ここで問題になるのが、やる気を出すタイプの人との人間関係。

やる気を出してくれる人は本当に貴重な存在です。会社もお店も助かる。

だけどやる気を出すタイプの人からすると、『自分が一番売ってないと気が済まない。他の人が売ると気に入らない。』

従業員みんなにノルマを課すばかりに、やる気を出すタイプの人が、『他の従業員が接客してる様子を見ている目』が怖い。

ノルマをスルーできたら一番楽なんですけどね…

※以下、やる気を出すタイプの人=お局と呼びます。

スポンサーリンク

ノルマなんて言われるから、とりあえず声掛けする

ノルマが嫌でも『売れ』と言われたらお客さんに声掛けしないわけにはいきません。

買うつもりがあるのかわからない人に商品を紹介するのは少し怖いです。

  • どうやって声をかけよう
  • 買ってくれるのかな
  • 興味持たれなかったら…
  • 声かけるのやだな…

なんてもやもやしながらお客さんに声を掛けます。売れないことも多いです。

でも、サンプル渡したりして今後につなげようと地道に声掛けを重ねていきます。

よくがんばっています!えらい!

声掛けして売れたと思ったらお局から『私の客だ』と言われる

心の中でぐるぐる葛藤しながらも、何とか声をかけてお客さんが買ってくれた!嬉しい!と思っていたのも束の間…

お局
お局

あれ、わたしのお客さんだったのに。

それ以外特に言われません。ただそう言うだけ。

わたし、売っちゃいけなかったの?そんなこと言われても…じゃあどうしたらよかったの?

『わたしの客』ではなく、商品・お店のお客さん

『私のお客さんだったのに』

せっかくがんばって販売しても、またこんなこと言われたら嫌です。それ以降は声掛けが怖くなってしまいます。

お局が休みの日でも、気が抜けません。なぜかって?次の日に出勤したら、自分のお客さんが買いに来ていなかったかまで確認しだすからです。

わたし、もう声掛けしない方がいいのかな…でも『売れ』と言われる。もう嫌だ

そもそも『お局のお客さん』とか知りません。

たとえお局が『わたしのお客さん』と言っても、ただお店の常連さんなだけ、商品のリピーターさんなだけなんです。

一番初めに商品を紹介したから『わたしのお客さん』。また買いに来たから『わたしのお客さん』。

お客さんが『今日お局さんいる?』と来店されたら、それはお局のお客さんと理解できます。お客さんもそのために来店されたんだし。

ただ商品を買いに来ただけならお店のお客さんなわけです。

もしわたしが客としてもう一度同じ商品を買いに行ったとしたら、ただ商品のリピーターとしてお店に行ってるだけです。だれに接客されてもいいです。『わたしのお客さん』と思われてるのはなんか気持ち悪い。

あんまりわたしの客!とガツガツしているとお客さんにも伝わるんですよね。不審がられる。実際「なんでいっつもあの人なん?」と聞かれたこともあります。

自分なりにがんばっただけ

商品が売れたのは自分から積極的に声を掛けに行ったからです。

リピーターさんが買ってくれたとしても、あなたが一声かけたおかげでもう1品買ってもらえた、売り上げが増えたということにつながります。

本当はノルマに拒否反応を示すタイプだったとしても、そこで働いている以上はしなきゃいけない。

お局とか関係なく、ただ仕事をしただけなんです。声掛けして売れたらやっぱり嬉しいですよね。

ノルマがあることで人間関係が悪くなる

もともとお局も悪い人ではありません。売りたい!がんばりたい!と思っているからこそ『わたしの客だ』なんて言ってしまうのはわかってるんです。

西宮 有
西宮 有

まあ思うのはいいんだけど、口と態度には出さないで欲しいよね。言われるのが嫌で、何度も実績を譲ってきたよ。

こんなことを繰り返していたので、最終的にはノルマとかどうでもよくなりました。お局が売るので、店の実績になるから会社から追及されなかったですし。

どっちかが妥協しないと険悪になります。そうしないと周りにも険悪な雰囲気が伝わってしまう。まき散らしてとばっちり受ける人は確実に出ます。

お互いのがんばりたい気持ちが、ノルマという数字のせいでよくない方向に行ってしまうんですよね。どっちも悪くないのに。わたしの客とか言っちゃうのは「ちょっと黙っとれ!」って言いたくなりますけど。

ノルマ(仕事内容)も人間関係もつらくなる

ノルマ、会社では販売目標と言いますが、これはやりがいにもつながるので悪いとは思いません。

だけど…

  • 高すぎるノルマ
  • 厳しすぎる追及
  • やることはやっているのに数字でしか見られない
  • 無理やり売りつけるようになってしまう
  • 売りつけがお客さんの足を遠のかせる
  • 今日どれだけ売れても明日にはリセットされる
  • 追及がつらいあまり何万も自腹を切る

これがつらすぎる!

これくらい尻を叩かないと誰もやらないかもしれませんが、がんばってる人はこれに悩み、やらないやつは文句ばかり言う。ここでまたイライラ。

お局のようにやる気があるタイプにも気を遣い、やる気がないタイプにはイライラする。

もう八方ふさがりでパンク寸前です。

解決するには上司に相談して【異動】させてもらうか【声掛けをやめる】か【退職する】のどれかを選ぶしかない

ノルマに関する悩みを解決するには3つの方法しかありません。

  1. 上司に相談して異動させてもらう
  2. ノルマなんて無視して声掛けしない
  3. 仕事を辞める

【上司に相談】

販売が嫌いじゃない、あなたも売り上げをだしたい!と思っているのに、お局に『わたしの客だ』と言われることがつらいなら上司に相談です。他に店舗がある会社なら、

  1. お互いが正社員の場合どちらかが異動。
  2. 片方が正社員、片方がパートなら正社員側が異動

まず会社は数字でしか判断しません。だから数字を持っているお局は大事です。中身がどうであれ。ここは上司に『わたしも販売をがんばりたいけど、お局にこう言われるからやりづらい』という事を相談してみましょう。

店長が頼れないならその上の上長に相談です。

【ノルマを無視して声掛けしない】

実際声掛けしない人もいます。でも給料はちゃんとでるし、たくさん販売したからって給料が上がるわけじゃない。

会社や周りからは仕事できないやつだと思われますが、別に解雇されるわけでもありません。ちょっとなにか言われるかもしれないけど。

声掛けしないのも手ではありますが、販売をがんばりたいと思っていた人にとってはやりがいを一つ失くします。仕事に面白さがなくなるのがデメリットです。

【仕事を辞める】

ノルマもつらい・人間関係もつらいとなるともう違う仕事を探した方がいいです。

世の中にはいろんな仕事があるけど、基本的に人は、今の状況から変わることを嫌います。あなたもそうだしお局もそう。もしかしたら今が一番いいんじゃないかと考えてしまうから。

みんな現状に不満があるのに行動しないんです。

行動しないということは今の不満や気持ちがずっと続くこと。たまに穏やかに過ごせる日もあるかもしれませんが、また悩む日が出てきます。同じ職場で同じ仕事をしている以上は変わりません。

仕事がつらい・人間関係もつらいとなったら、バイトや派遣でもいいから転職することをおすすめします。

実は接客業よりも向いている仕事があった、違う会社の方があなたにっているかもしれません。『つらい気持ち』がまさかあなたの背中を押してくれるなんてことがあるんです。

『つらい気持ち』と現状から脱出できるかもしれない『ワクワクする気持ち』どちらを取りますか?

バイトや派遣も条件を付けて一括検索!ギガバイトでまずはどんな仕事があるのか見てみよう。

つらくなったらいつでも他の道がある

転職しても死にません。

案外、「えっ?!こんな楽なのに前の会社よりお金もらっていいの?」と思う仕事は実はたくさんあります。

今のあなたの世界から外に目を向けてみると、世の中はもっと広いですよ。

接客業の叫び
スポンサーリンク
シェアする
スポンサーリンク
あわよくばここから