スマホゲームに課金していた旦那。ゲーム課金やめてもゲーム依存症

結婚生活

お金の話ってしにくいですよね。相手のプライベートにずかずか入り込んでいくような感じで、なんだか気が引けちゃうんです。

それは旦那に対してもそうで、一緒に生活していてお金の出どころが同じでも、

西宮 有
西宮 有

あのお金何に使ったの?この1万円どう使うの?

なんていちいち聞けませんし、聞きたくなかった…そう、あの

クレジットカードの請求額を見るまでは。

結婚して数か月経ってから気づいたんです。

毎月毎月携帯代以外に5万、6万、7万、8万…何に使っているのか。請求元は『BILL ITUNES COM』。iphoneで課金したときに表示されるものです。

最初は 『BILL ITUNES COM』 ってなんなの?と思っていた程度でしたが、 『BILL ITUNES COM』 が毎月毎月何万も書いてある。

これは異常だと思いますよね。スマホゲームに課金していたんです。毎月毎月何万何万も…。

西宮 有
西宮 有

今はゲーム課金やめさせましたが、当時は本当に苦労した…

課金をやめさせることには成功したけど、結局今もスマホゲーム依存です。

ご飯のときもお風呂のときもトイレのときも寝る前も起きたときも。どこかにでかけても車の信号待ちのときも。寝ているときにもスタミナ消費のために自動で動くように設定してる。

今使ってるiphone、今まで使ってて通話はできなくなってるけどwi-fi環境があれば使えるiphone、ipadの3台使って常にゲーム。

それで疲れが取れないって言うとか意味不明ですよ。

課金しないだけましかと思ってしまってるけど、ここまでしてたらゲーム依存症ですね。

スポンサーリンク

スマホゲームに何万も課金するのは絶対無駄であり馬鹿である

西宮 有
西宮 有

ゲームっていうバーチャルな世界に現実のお金を何万もガチでつぎ込むっておかしくない?わたしだったら捨ててもいい金額しか使えない。

わたしも一時期スマホの恋愛ゲームに課金してたときがあるんですが、課金しても月2000円までって決めていました。課金した理由は話の続きが読みたいのと、課金したら何度でも繰り返し話が読めるから。

でもあるときふと思ったんです。

西宮 有
西宮 有

このゲームやらなくなったら今までの課金無駄じゃない?

だからスマホでゲームする時は無課金でするようになったし、ゲームにお金を使うならゲームソフトを買うようにしました。1本5000円しても何カ月も遊べるし、手元に残る。遊ばなくなったら売ることもできるし、他のゲームを中古で安く買ってまた遊べる。いつでも遊べる。

それにスマホでゲームしたら電池の消耗激しくて、本当にスマホが必要な時に使えないっていう状態になりかねない。その上充電してもすぐ電池減るようになっちゃうからスマホの買い替えを考えないといけなくなる。こっちの方が困りますよね。

わたしは元々ゲーム好きでよくしてましたけど、よく考えたら金の力で強くなるなんてあたりまえで、結局は雑魚なんですよね。

強くするために頭を使えない奴は、敵をただ力の限りハンマーで殴りつけてるだけ。魔法使いにマヒの呪文かけられて動けなくされてる間に攻撃されて終わり。

お金以外の手持ちのカードで強くするから面白いのに。本当に必要なアイテムすらわからず、馬鹿みたいに課金し続ける。課金すれば強くなると信じている。

で、現実に戻れば

  • 寝不足で疲れが取れない
  • 目が悪くなる
  • お金がなくて切り詰めた生活
  • スマホゲームが理由の夫婦喧嘩

「あなたの現実はどこですか?」ってなりませんか?

スマホゲームはゲームソフトで遊ぶのと違って、ゲーム会社がサービス終了したら遊べなくなります。たとえ人気のゲームでもそういう部分がある。もし終了したら廃人になるのかな。いや、一瞬だけ廃人になってまた違うゲーム見つけて同じことを繰り返すんだろう。

ゲームにかけたお金と時間があればなにができただろうか。

スマホゲームに課金するのをやめさせるのに1年かかった

毎月毎月やってくるクレジットカードの明細。そこに刻まれる 『BILL ITUNES COM』 3000円、8000円とかがたくさん並びます。

何度も課金をやめて欲しいと言いました。「ゲームをやめなくてもいいから課金はやめてくれ」って。それでも毎月くる請求書を見て問い詰めては「わかった、やめる」と言う。これの繰り返しでした。

お金を使っているっていう感覚がないんだと思います。財布を開かない、現金を出さない。クレジットカードすら触らない。自分で節度を持ってスマホゲームを遊べない人が、バーチャル世界に現実のお金を投入するのは本当にやばい。マヒしてる。

そんな人間を更生させるのは一筋縄ではいきませんでした。

最初は気づかなかった

うちの家計は結婚してからすぐにわたしが管理するようになりました。旦那からキャッシュカードや通帳を渡されて、初めての家計管理に悩みながらも取り組みました。

そのときはクレジットカードのことなんて頭になかった。慣れない毎日の家事の方が大変だったし、光熱費などの生活費がどれくらいかかるのとかもわからなかったから。

クレジットカードにまで考えが回るようになったのは、ポストに届いていた明細を見つけたときです。結婚して4か月ほど経ったところでした。

【このときの反省点】今考えるとちゃんと記帳していればよかったんですが、預かった通帳が近くにない銀行だったためなかなかできなかったんです。給与口座変えておけばよかった。

クレジットカードの請求額がおかしい

西宮 有
西宮 有

えッ?!高い!

旦那の携帯代+ネット回線分で、当時たしか1万7000円くらいだったと思います。その他になにか使っていても2万とかかな?と思っていたので、請求が8万来たときは驚きました。

しらばっくれる旦那

西宮 有
西宮 有

これ何に使ったん?

旦那
旦那

さあ?そんなに使ったかな~わかれへん

西宮 有
西宮 有

わかれへんって…そんな額ちゃうやん?こんな額…通信費以外に6万も何に使ったかわかれへんってやばいやろ?

旦那
旦那

わかったわかった。次から気をつけます。

このときはこの言葉を信じました。次の月に請求額が5万になったので、金額が減ってるし気をつけて減らしていくんかな…と様子を見ようと思ったけど…そんなことは無理でした。

その次は請求額が6万、その次はまた8万。毎月上のようなやり取りを繰り返していました。

『BILL ITUNES COM』 =iphoneでの課金だと調べてわかっていたけど、このときはまだ知らないふりをしました。わたしが課金だと知っているのを知らずにしらばっくれる旦那。めっちゃ腹立った。

【このときの反省点】このとき住んでいたのはわたしの地元だったので、やめるまで実家にでも帰っておけばよかった。職場も近かったし。危機感感じて欲しかったです。

問い詰めてスマホゲーム課金を認めるも課金をやめない旦那

そしてとうとう『BILL ITUNES COM』 =iphoneでの課金=スマホゲームで課金してることを問い詰めました。そしてやっとスマホ課金をしていることを認めた。

なぜなら『不正に使われてるかもしれないからカード会社に電話してカード止めて。今すぐ!できれへんのんだったらわたしが今電話かける。カード貸して!」って言ったから。そうしたら自分で課金していることを認めました。

西宮 有
西宮 有

このお金があったら貯金できる。おいしいものも食べれる。このお金、ゲームの配信なくなったらどうするん?スマホゲームに課金するために働いてるん?

旦那
旦那

ごめん、もうしない

このやりとりをしてからのクレジットカードの請求がきたときは、「やりとりする前だからしかたない」と8万の請求額にも目をつぶりました。が、その次の請求が来てとうとうわたしはキレました。

10万超えてるんだもん

わたし、キレる。とうとうスマホゲーム課金をやめさせた

西宮 有
西宮 有

やめるって言ったやん!なにこれ?10万超えてるやん!何?わたしあんたのスマホゲーム課金のために働いてんの?なにこれ?!

旦那
旦那

・・・・・・

当時のわたしの手取りは14万ほど。旦那にはお小遣いとして4万の現金を渡していました。つまりわたしが稼いだ14万と、旦那が好きに使ったおこづかいと同じ14万。もうやってられません。

これまでに「クレジットカード解約して」と何回言っても会社がどうたらとか言って解約してくれなかったんです。

でもさすがに今回はキレたので最終手段を取りました。わたしは3つのことを旦那に言いました。

  1. 離婚
  2. 義両親に言う
  3. みんなに言う

【①離婚】わたしの給料分までスマホゲームに課金されるなんてもうやってられません。スマホゲームに課金し続ける限り、今後の生活だって目に見えてます。破綻する。巻き込まれたくない。

仕事が終わったあとの疲れた体に鞭打って家事を全部一人でこなしてたんです。それにそもそも結婚してもフルタイムで働いてくれって言ったのは旦那です。だから余計に怒りがありました。

【②義両親に言う】わたしが言ってもダメなら旦那の親に言ってもらうしかないと思いました。離婚するならスマホゲーム課金が理由だって言うし。なんかあったら慰謝料みたいなの取ろうと思ってました。

【③みんなに言う】わたしと旦那は同じ会社で働いていて、旦那は管理職だったので、みんなわたしの旦那が誰か知っていました。

わたしが「スマホゲームの課金がひどい、わたしの給料全部課金された」と同僚に言えば、同情を集めつつすぐに社内に広めることができます。もし離婚になったら勤め先を辞めるつもりだったので、どうなろうとかまいませんでした。

これでとうとうクレジットカードを解約し、課金をやめさせることに成功しました。なので離婚もしていないし、義両親もみんなも旦那のスマホゲーム課金のことは知りません。実家の両親は知っています。だから離婚を口に出せました。

スマホゲーム課金をやめさせるには男のプライドに恥をかかせるのがいいかも

わたしの憶測ですが、男の人は社会的な立場とかプライドとかあって、それに対して恥ずかしい思いをしたくないんだと思います。見栄ですかね。

だからわたしが言った3つのこと

  1. 離婚
  2. 義両親に言う
  3. みんなに言う

はちょうどそれにマッチしたんだと思う。離婚はしたくない、親にも知られたくない、会社のみんなにも知られたくない。自分が恥をかくから。

それにスマホゲーム課金で離婚されたなんて一生の汚点。人間性疑われる。

もしスマホゲーム課金やめられなくて、離婚になっても課金し続けてたとしたら。定年になって仕事がなくなったときに貯金がないことに気づいて初めて『ヤバい』って思うんだろうか?

最大の難点は本人名義のクレジットカードだった

  • 基本的に契約者本人しか解約できない
  • 携帯に登録されてるからカード取り上げても無駄、はさみで切っても無駄

だから『お小遣いの範囲で』なんて言っても無理でした。

スマホゲーム課金をやめさせた直後にした対策

一度課金依存症みたいになったら、クレジットカードを解約して課金をしなくなっても不安が残ります。だからできる対策をしました。

携帯のメイン回線はわたし

ゲーム課金はクレジットカードじゃなくても、携帯代と一緒に引き落とされる『まとめて支払い』みたいなのがあります。それに気づいてまた課金されるのがこわい。なので、携帯のメイン回線をわたしに変更しました。

それなら旦那の携帯料金も今いくらになってるか把握できるし、なにより旦那の携帯課金額(まとめて支払い)に制限をつけることができたんです。だから2000円までに設定しました。

わたしの携帯をメイン回線にしたことで、旦那のスマホの利用停止も何もかもできるようにしたんです。

口座振替での支払い

カードでの引き落としはやめました。ただただクレジットカードで支払いたくなかっただけです。

課金をやめさせて3年。今している対策

一時期別居婚をしていたので、なにかのときのためにと再度クレジットカードを作りました。旦那にクレジットカードを解約させて以降、スマホゲーム課金は本当にしなくなったのです。

ただやっぱりスマホゲーム課金していたという前科があるので、作ったカードは楽天カードの家族カードです。

家族カードの名前は旦那の名前ですが、契約者はわたしなので利用明細もわたしに届くし、解約もわたしができます。

光熱費や携帯代などの支払いをわたし名義の本カードにしておけば、家族カードを解約してもわざわざ支払い先を変える必要もないんです。

だからわたしは自分名義の楽天カードを作って、旦那の家族カードを作りました。

家族カードは入会時のポイント(通常5000ポイント、キャンペーン時8000ポイントなど)が付かないから損だ!なんて調べれば出てきますが、課金されたらそんな額じゃ済まない。

課金対策のための家族カードなので、ポイントよりもわたしの権限で解約できることが最大のメリットのため作りました。

ゲーム依存のせいか、夜の営みはありません

課金はやめてもゲーム依存は治りません。時間があればゲーム。ずっとレスです。どうしても子どもが欲しいかと言われればそういうわけじゃないので、離婚は考えていません。

ただ寂しさはあります。女だってそういう欲はありますから。

なので漫画で癒されてますしそういう漫画もこっそり読んでます。コミックシーモアなら無料で読める範囲も広いし、1巻無料とかあって無料分だけで結構満足できます。

スマホゲームはストレス発散?

旦那が言うにはスマホゲームはストレス発散らしいです。わたしもスマホゲームしますが、ストレス発散してるなんて思ったことはありません。遊びのひとつにすぎない。

旦那はスマホゲームに熱中して、敵に勝てなかったり上手くいかないと『クソが!』とか舌打ちとかたまにします。どこがストレス発散?むしろストレス溜まってるじゃん。

そろそろゲームに遊ばれてることに気づいてほしいけど放っておきます

ほどほどに遊ぶからいいんであって、ゲームに手玉にとられて手のひらで転がされて…

とりあえずゲーム依存は治りそうにないので放っておきます。逆にわたしはわたしでこうしてブログに書いて、ネタにして、自分の時間を楽しむことにします。